気まぐれ・鳥見日記

近畿圏でヤマセミ・ミサゴ・猛禽を撮っています。

陽が当たる時間

撮影:BORG 71FL+D500+TC-16A


このポイントは、早朝だと光が入らない場所、、、


昨日の在庫から

撮影:BORG 71FL+カーボン鏡筒+Canon 250D+D500+TC-16A
(三脚・トリミングあり)


D5+600mmとジッツオ4型・ハトラーFSB8(約9.5キロ)をかついで、駐車場から約10分も歩けないし、帰りは登りで約10分。機材かついでウロウロできません。BORGの機材なら、約4.9キロで軽くて楽ちん!


【BORGネタ】
 BORG 71FL+M75ヘリコイド+7070+7700+7507+Canon 250D+7000+5003+TC-16A+D500のつなぎ方で、無限遠と最短約3mぐらいにピンが合う。71FL(対物レンズ)とM75ヘリコイドの間に、絞りM75(7075)を入れると無限遠が出なくなる。BORGはパーツの組み合わせで光路長を自由に調整でき、合焦するように調整します。なら、光路長を足していけば、調整できるんでは~と思うが・・・? 難しい~@@@@


 今の機材で、対物レンズの中心~カメラのセンサーまでの距離約39㎝。4点のカーボン鏡筒しかないんやから、ネット検索・思考錯誤で無限遠が出るようやってみよう・・・


<ピント合わせのポイント>(ネットから引用)
 ボーグのピントは、対物レンズからカメラのセンサーまでの距離がおおよそレンズの焦点距離と同じくらいの長さだと無限遠に合い、それ以上の長さになればなるほど近距離に合うようになっています。例:71FLの場合は、対物レンズの中心~カメラのセンサーまでの距離を約40cmになるように組み合わせれば。ほぼ無限遠に合います。


*カーボン鏡筒やM75ヘリコイド等の購入は、量販店ですが少し気になった点がありましたので、BORGのHPからご質問すると早々お返事を頂き、丁寧で早い対応にびっくり、BORGの製品を選んで良かったです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。