気まぐれ・鳥見日記

近畿圏でミサゴを中心に、猛禽などを撮影しています。

今はない機材で(ボディ・500㎜)・・②(ヤマセミ・在庫から)

D800+500mm
親と雛、、、


D7200+500mm
有名地から近いポイント、、、


BORG 71FL+TC-16A+D500
留まりものなら、なんとかMFでも撮れる、、、


BORG 71FL+TC-16A+D500
ハイ、ポーズ、、、


D4S+500mm 
距離30mぐらい、、、


D4S+500mm
見下ろすポイントで、、、 


D4S+500mm
D4Sはいいカメラやった、、、


BORG 71FL+TC-16A+D500(ノートリミング)
BORGでD850を使ってみよう?


BORG 71FL+TC-16A+D500(ノートリミング)
これぐらいの飛び出しならなんとか撮れるが、このあとのコマはピンボケ、、、


今はない機材で(ボディ・500mm)・・①(ヤマセミ・在庫から)

D800+500mm
近い欄干で、、、


D4S+500mm
ザリガニも食う、、、


D7100+500mm
D7200も使ったが、今はないボディ、、、


D7100+500mm
50mぐらいの距離、、、


D4S+500mm
30mぐらいテントなし、、、


D4S+500mm
有名地近くの水面を飛翔、、、


今日も都市公園へ

D850+300mm+1.4Ⅲ(ノートリ)
この距離で、アオゲラを確認、、、 いつもの実がなる木に来ました。次回は、大砲を持って待ってみようかな?


D850+300mm+1.4Ⅲ
トリミングするとこんな感じ、、、 雲台を変えたので、少しは撮れるようになった。


D850+300mm+1.4Ⅲ
少し大きくしてみる、、、 カシラダカ? 小鳥はようわからんゎ・・・


D850+300mm+1.4Ⅲ
ヒクイナ、、、 春になれば近くで撮れるらしいが、春は嫌な時期なので来ないだろう@@@


【機材ネタ】
今日から使い始めた雲台「ベルボン FHD-66A」で、気がついた点。

 上の写真のように三脚につけるのが、マニュアル通り。使い方は、ひとそれぞれですので私は逆で使ってみた。パーン棒は左手で操作し、パンストッパーとティルトストッパーは右手で操作しました。すると、標準装備の視認性の良い丸型水準器が見えなくなる。


①カメラネジのつまみが、写真のような形状なのでしっかり締めないと、当たり前ですが
 緩んできます。鳥歩きでほとんど移動しますので、コイン締めの方が使い易い。 

②パーン棒は短くて使い易い。
③標準でつくクイックシュープレートは、移動幅が42㎜しかないのでバランスがとりに
 くいのでロングプレートが必要。プレートの下部は、写真のような形状で約3.8㎜の幅
 しかありませんので純正以外のものを使うときは注意。 
 (SUNWAYFOTO製のDPG-210Rは使えそう)

④カメラ台を縦位置にする時に使うカメラ台ストッパーが、機材を担いで撮り歩きしてい
 たら締め付け悪かったのか、緩んで下の写真のような状態になった。要注意!

 縦位置にする場合は、レンズを回したほうが使い易い。(鳥撮りでは使わない?)


 フィールドで、大先輩同輩さんの注目の的、パンストッパーとティルトストッパーが、同じ位置で使えるのが好評でした。三脚への取り付けは、標準の付け方がいいという方も。
  明日は、久しぶりに大砲を担いで「アオゲラ(雄)」狙いで。


最近、撮れないシーン色々(ミサゴ・在庫から)

D5+600mm+1.4Ⅲ
ドボンしないと撮れないシーン、、、


D5+600mm
小さい魚も生きる為に獲る、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
見えにくくなる背景、、、


D5+300mm+1.4Ⅲ
かなりデカイ魚でした、、、


D5+600mm
遠い持ち帰り旋回、、、


D5+300mm+1.4Ⅲ
近くの旋回シーンは撮るが、遠い旋回は見るだけ、、、


D5+300mm+1.4Ⅲ
水面スレスレを滑空、、、


BORG 71FL+TC-16A+D5
マニュアルフォーカスで、、、


ヤマセミの在庫から

D5+600mm
ヤマセミより大きな石がゴロゴロ、このエリアでここだけ、、、道路から見えないですが探してみて下さい。


D5+600mm+1.4Ⅲ
岩の影で魚を獲りました、、、


今日も都市公園へ
 (すべてトリミング)

D850+300mm+1.4Ⅲ
近いところでカケスが撮れた、、、


D850+300mm+1.4Ⅲ
後ろ向きで、、、


D850+300mm+1.4Ⅲ
違う場所で、、、


D850+300mm+1.4Ⅲ
遠いんですよ、、、 アオゲラ(雄)初撮影。


D850+300mm+1.4Ⅲ
嘴が見えなくて空抜けだけど撮る、、600㎜で撮りたいけど600では撮り歩きできねぇ~


D850+300mm+1.4Ⅲ
1分ぐらい留まってくれました、、、


D850+300mm+1.4Ⅲ(手持ち)
公園から10分ぐらいの市内のため池で、、、 オシドリ、今季初撮り。もっとも近いところで~(まぁ、トリミングしてますが・・・)


D850+300mm+1.4Ⅲ(手持ち)
少しレンズが見えただけで、池の隅へ消える・・・・めっちゃ警戒しますゎ~^^


D850+300mm+1.4Ⅲ(手持ち)
枝かぶりでしか撮れないところ、、、 


D850+300mm+1.4Ⅲ(手持ち)
BORGだと枝の隙間を利用して撮れるが三脚が立てられず、手持ちでは無理@@@。どうにか見れるところは2か所あるが、すぐ池の隅へ消える。話し声だけでも、なかなか出てこない。


 明日は、第29回☆★マスターズマラソンがありますので、市内の一部で1道路規制。
  (10時~11時45分まで規制)


 鳥撮りウォーキング(TTW)11637歩。


【機材ネタ】

 上の特別企画の記事を参考に、ベルボンの新型雲台「FHD-66A」を買ってみた。今日、届いたのでさっそくD850+300mm+1.4Ⅲをつけてみた。
【D850+300mm+1.4Ⅲを載せた感想】
①D850+300mm+1.4Ⅲの重さが、約1860g。>>記事中に、カウンターバランスについて、カウンターバランスの反発力が約3kgなので軽い機材など不要な場合はカウンターバランスをOFFにできる。>>とあるので、この機材でOFFにするとカグンと傾く。

 写真のような大きなティルトストッパーを緩めると後ろにおじぎする。締めすぎると、固くなり使いにくい感じです。実際に、フィールドで使ってみないとわかりませんが、ロングプレートが必要かも?

②シューを外したり固定したりするこの黒いレバーですが、壊れそうで怖い。


上の写真の「ティルトストッパー」や「パンストッパー」などは、ひとそれぞれの使い方で変わりますが、初めて触った感触では、使い易そうです。


 この雲台に慣れたら、瞬時に目標物にレンズを向けられると思います。ボール雲台よりも大きく雲台の重さが約479g増えましたので、撮り歩きにどう響くかです。
また、フィールドでの使用感を掲載します。


ベルボンの新型雲台「FHD-66A」Oカメラで、送料込みの18910円でした。


山ほどある・色々(ミサゴ・在庫)

D500+300mm+1.4Ⅲ
面白くないシーンですが、在庫は山ほどある、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
平凡な飛翔シーン、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
魚を持っていないと面白くないですよね、、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
ブルブルだけじゃ面白くないです~^^


D5+600mm+1.4Ⅲ
空ぶりからの上昇シーン、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
いきなりドボン、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
片手で掴むほど小魚、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ
持ってますよ、、、


もう、この池には魚がいないのか? いつも素通りばかりです。今シーズンは終わり。


ヤマセミの在庫から

BORG 71FL+TC-16A+D500(ノートリ)
枝かぶりでも撮ります、、、


D5+600mm+1.4Ⅲ(ノートリ)
目にキャッチライト、尻尾「ピーン」が好きです、、、


今日も都市公園へ(すべてトリミング)

D850+300mm 
高い木の上にいたアトリ、、、


D850+300mm
約50m以上先の木の上で、、、


D850+300mm
その1.・・・ ゴチャゴチャした水溜りに居たヒクイナ(初撮り)。


D850+300mm
その2.・・・ 証拠写真ですゎ、、、


D850+300mm
その3.・・・ 光線の具合でヒクイナの色が微妙に違います。(汗)、、


D850+300mm
その4.・・・ バレタのか? 急いで林へ消えた、、、


D850+300mm
今季初撮り、ビンズイ、、、


 鳥撮りウォーキング(TTW)12612歩。 


テント必須(ヤマセミ・在庫から)

D5+600mm+1.4Ⅲ
ここの雄、テントからでもすぐ飛ばれます、、、 自宅から70分ぐらいの場所。


BORG 71FL+TC-16A+D500(ノートリミング・テントなし)
1280㎜の焦点距離、、、 枝の隙間から余裕で撮れる。


BORG 71FL+OLYMPUS OM-D E- M1(ノートリミング・テントなし)
今は持っていないOLYMPUS OM-D E- M1、いいカメラでした。


BORG 71FL+TC-16A+D500(ノートリミング・テントなし)
枝かぶりの真ん中を狙う、、、


今日も都市公園へ
 早朝、雪が少し積もってました・・・・。

D850+300㎜f/4
アトリ(雌)の食事中、、、 すべて等倍で、トリミング。


D850+300㎜f/4
真正面から見ると可愛いですね、、、


D850+300㎜f/4
アトリ(雄)、、、


D850+300㎜f/4
ミヤマホオジロ(雄)、、、


D850+300㎜f/4
ルリビタキ(雌)、今季初撮り、、、


D850+300㎜f/4
撮影距離にもよりますが、テレなしで使えますなぁ、、、


D850+300㎜f/4
ジィ~ジィ~と、餌くれぇ~と鳴いてるようでした、、、


D850+300㎜f/4
あごと目の後ろからが黄色の線なのでアオジに見えないけど、アオジ? 


D850+300㎜f/4
若い、アオジ(雄)?


 今日は、もう少しでヒクイナが撮れそうでしたが団体のおばさん達の邪魔で撮れませんでしたゎ・・・ 30分以上粘りましたが、ヒクイナのポイントから撤収! さらに奥の茂みでこげ茶の鶏冠?がある鳥が動いてました。(見ただけでは、証拠になりまへん)


【機材ネタ】
 12日の記事で、
 UniqBall UBH 35X ballheadに、ついて仰角60°以上で撮る必要があるのですが、この雲台だとそれができない。と記述しましたが訂正致します。
 ① 内側の黒いボールを傾けると(赤いノブを緩める)、以下の角度。 

② 外側の赤いボールを傾けると(下の黒いノブを緩める)、仰角80°ぐらいとれそうですが、とっさにこういう角度にして目的の鳥を撮影するには慣れが必要か?



2017年2月15日に、UniqBallというWebショップ(http://www.uniqball.eu/)から個人輸入で購入。支払額は、34620円。(関税別)
UBH 35X Ballhead with bidirectional clamp UBH35XN EUR 263.78 1 pc(s) EUR 263.78
Sub-Total: EUR 263.78
Gross subtotal: EUR 263.78
Delivery: EUR 0.00
Pay Pal: EUR 10.00
Total: EUR 273.78


日本で買うと、7万~8万ぐらい~。欲しい人は絶対に輸入、、、


鳥撮りウォーキング(TTW)6625歩。